副業でお金を稼ぐことの勧め

今や会社員の給料は、ただ在職年数を重ねるだけでは昇給しなくなっています。評価方式に能力主義を採用すると、一部の人間の給料はあがりますが、大部分の社員は良くて現状維持か、大半は今よりも下がることになります。

これはもともと人件費の総支給額を下げるために行われるのが、本当の目的なので大部分の社員が不満を抱くような仕組みになっています。

こうなると独身社員はもちろん、特に結婚して子供のいる人は、年々生活が厳しくなっていきます。子供が大きくなるに連れて、教育費も掛かりますし、家も大きめのところでないと住みにくい、など様々問題が起きてきます。

最近では、住宅ローンの破綻も珍しくありません。不動産業界はマスコミの大口スポンサーなので、ほとんど報道されませんが年々返済ができなくなっている人が増えているのです。

そして独身でも消費者金融やカードローンで借金をしている人などは、昇給やボーナスをあてにしていた社員もいるはずですが、それも期待できる状況ではありません。

そこで積極的に副業をすることをお勧めします。特に若いうちから即日融資可能なキャッシングなどで借金をしている人は、何と言ってもそれを返していかないといけません。

ただ何でもいいという訳ではありません。やはり肉体労働などは、本業への負担が大きすぎるので避けなければなりません。お勧めは家庭教師や塾の講師などですね。

これならば負担は掛かりませんし、思いのほか時給は良いので副業としては十分です。一度受験勉強をしたことがある人なら、意外と少し復習すると思い出すので、教えることは問題ないと思います。

最初は塾の講師から始めれば、しっかりとしたマニュアルもあるので便利です。そして生徒の前とはいえ、人前で話をするトレーニング、分かりやすく物事を伝えるトレーニングにもなるので、本業にもすごく役立つはずです。

もし無理ならば、この本業に役立つ、相乗効果があるということに注目して仕事を探せばいいと思います。本業だけをやっていても、伸び悩んでいたことでも、別の仕事で補強すると解決してしまうことも多いのです。

そしてお金ももちろん稼げるので、まずは独身者でも既婚者でもキャッシングなどがあれば、それの返済費用を再優先し、次に住宅ローンなどの繰り上げ返済など、とにかく借り入れの返済を第一に考えてください。

それがなければそれ以外の、必要資金に当てるようにします。副業で稼いだお金は、すべてこれらに使ってもいいくらいです。これを繰り返していけば、本業の収入とWエンジンで、長期的にはずいぶん楽になってくるはずです。

カテゴリー: お金の話題 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>