キャッシングやクレジットカード上手く付き合う

日本人は借金=悪と考える人が多数派で、キャッシングなどもってのほかと考える人が多いのですが、上手く利用すれば消費者金融やカードローンも役にたってくれます。

私は仕事で海外によく行くのですが、基本的に現金は現地で最低限をキャッシングします。日本のクレジットカードでもVISAやMASTERが付いていれば問題なく使えますし、両替率も断トツでいいです。

よほどの田舎にいかなければ、そこら中にATMはあるので、そもそもたくさん現金化しなくても済むので、あまり現地のお金を残さないですむのです。

これが空港の両替所だと、レートが悪くどうしても一度にたくさん両替するしかありません。街中やホテルの両替所はさらに割高だからですね。みなさん見ていると、結構大きな金額を交換しています。

ただ空港でたくさん両替してしまうと、結局、意味のないものをたくさん購入してしまたり、現地のお金を日本に持ち帰ることになります。そして日本で再度日本円に両替しようとすると、あり得ないくらい手数料を取られて大損してしまいます。

そうかと言って、また次にその国に行く時まで取っておくというのもどうかと思います。仕事で頻繁に行くなど理由がない限り、そうそう行くことはないでしょう。

結局は、家でお金を眠らせてしまい、その内に紛失してしまう、などということになるのです。

普通の国の人は、このようなことはしません。クレジットカードのキャッシングで、必要最低限のお金の借り入れをしているのです。
ATMも中学生程度の語学力があれば操作できますし、特に難しくありません。

一番危険なのが、街中のよくわからないようなところで、チェンジすることです。国にもよりますが、偽札をつかまわれることが多いので、信用がないところで両替するのは非常に危険です。

消費者金融のキャッシングに抵抗がある人でも、クレジットカードならそこまで心理的な抵抗感はないはずです。よく利息のことを気にする人がいますが、わざわざ返済日まで待つ必要はありません。

日本に帰国後すぐに、専用や提携ATMから一括で返済してしまえば、タダみたいな金額でお金を借り入れできます。試しに空港などの交換レートとキャッシングの交換レート+数日分の利息を比較してみてください。

きっと違いに驚くと思います。こうやって合理的に考えれば、キャッシングやクレジットカードの利用するのは当たり前のことです。感情論にならないように、数字で比較してみることが上手に借金と付き合うコツです。

カテゴリー: キャッシング タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>